<< 八百長経済大国の最期 | main | DELLパソなど買ってみました… >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
「華氏911」の監督、マイケル・ムーア氏の作品。

うんうん。面白かった。
アメリカの銃社会に対しての映画です。
アメリカの生活では、奥底まで銃が入り込んでいるんだが、
意外にも、アメリカ以外にも銃が認められている国って多いんだね…。
(と思ったが、見間違えかな…???)

やはりアメリカって病んでいる気がするわ…。
「華氏911」は見てないんだけど、こちらも見てみたくなった。
三つ星作品です!

aiserver
| 日記 | 17:21 | comments(0) | trackbacks(1)
| - | 17:21 | - | -
COMMENT
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
 下記の日記の通り、同級生が遊びに来た。  この二人は共にとても映画好き。  まぁ、ひとりは脚本家・作家の卵(いつ孵化するんだよ)だから単なる「映画好き」の範疇には納まらないのだが。  カイムはあまり映画を観るのが好きではないので渋る。  面白いか面
| 愛と妄想の日々。 | 2004/11/22 11:28 AM |
SPONSORED LINKS
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
LIFE STRIPE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM